自己破産の注意点:もれなく申告する

先ずは、「債権者を把握しておく」ことが大切です。多重債務者となり自己破産を選択した人は、多くの貸金業者からお金を借りています。一つの所のみでお金を借りていると言う人は皆無に等しいでしょう。

自己破産の注意点:もれなく申告する(つづき)

自己破産をするような場合は、複数の借入先があると思いますので、それら一つ一つ業者との取引内容を把握しておくことが大切です。

自己破産の手続きでは、裁判所に対し全ての借金を申告する必要があります。ですから、貸金業者だけでなく知人、会社などからお金を借りている場合も隠すことなく申告します。

申告していない借金は免除されないので、すべての借金を申告するように注意しましょう。

自己破産

次に、「カードでの買い物やカードローンの利用を把握しておく」ことが大切です。

自己破産をする人の中には、消費者金融のキャッシングは申告しても、信販会社のカードでのショッピングや銀行のカードローンについて申告しない人がいます。

ただ単に忘れているのではなく、ショッピングやカードローンは借金ではないと勘違いしている人がいるのです。

しかし、どのようなカードでの買い物でも紛れもなく、すべて借金なのです。現金で買い物をしていれば借金にはなりませんが、カードを使用すればその分は、すべて借金なのです。

自己破産をするときにはカードでのショッピングや銀行のカードローンもすべて申告しなければ、借金がゼロになることはないのです。

そのほかには、「保証人について対応をすること」も大切です。

もしあなたの借金に関して、保証人を立てているのならば、その保証人に対し、自己破産を考えていることを正直に話さなければなりません。

勝手に自己破産をしてしまえば、保証人に対し、大変な迷惑をかけてしまうからです。

あなたが自己破産して借金がゼロになったとしても、保証人は、借金がゼロになることはありません。

また、あなたが第三者の借金に対しての保証人になっている場合も申告を行う必要があります。保証人になるということで、他の人の借金を保証人として背負っていることになりますので、申告する必要があるのです。

また、「一回も返済していない借金がないかどうか」もきちんと調べる必要があります。

借金をしているのに、一回も返済することなく自己破産申し立てを行うと、詐欺破産だと見なされる場合があります。

返済するつもりがないのにお金を借りる詐欺行為ととられることがあるので、裁判所から免責決定がされないことも考えられるのです。

借りただけで一回も返済を行っていない借金がある場合は、素直に専門家へ相談を行いましょう。法律の専門家である弁護士や司法書士が一番良い解決策を考えてくれることでしょう。

Copyright Quantis,Inc. All rights reserved.

privacy